<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【Y.S.W.W】スター・ウォーズ ジェダイの帰還 | main | 【Y.S.W.W】スター・ウォーズ 2 クローンの攻撃 >>
# 【Y.S.W.W】スター・ウォーズ ファントム・メナス

銀河共和国の腐った政治のしわ寄せであれやこれやあって惑星ナブーが包囲されたのでジェダイに助けを求めたはいいけど、派遣されたジェダイは案外マイウェイだった。
砂漠の星の奴隷であった若きダース・パパことアナキン・スカイウォーカーをジェダイに無理やりハントしたクワイ=ガン・ジンは弟子であるオビ=ワン・ケノービと共にナブーの開放をせんと奮闘することになるが…。
とりあえずフォースと共にあらんことを!

 
エピソード4から見た私にとって、1のパパはまさに天使でした。何この子超良い子じゃない・・・。R2との天才かわいこちゃんコンビがたまらなくいいです。そして実は師匠がこんな規則破りじゃなきゃあんなことには・・・なんて思っちゃいますね。アミダラ女王のシノワでジャポンな衣装に毎度釘付けです、おうつくしー!
どこととっても登場人物に安心感のあるep.1。天使回です。とんでもなく天才美少年のアナキンですが、まだ小児すぎてパイロット姿が物凄く不釣り合いなのもまた可愛いです。アミダラの衣装デザインはいつみても惚れ惚れしますね。でもこれ、のちに宇宙が大変なことになるのはクワイガン師匠のせいじゃないですかね?IKMNだからいいですか。そうですか。
 まるで天使のようなパパの全盛期が観られます。ポッド・レースの彼の爽快なレーシングは当時観たときも印象深かったなあ。ep.4〜6を観た後だと登場人物の若々しさも楽しめますが特にオビワンの若くして苦労人の片鱗を見せる佇まいには目頭が熱くなります。ああっ、アナキンとのファーストコンタクトがやけに重く感じる!アミダラ女王の衣装七変化にもご注目下さい。

オビワンはなんとなく気づいてた・・・かもしんない
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:24 | category: 映画:2010年 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yoidore.marucos.com/trackback/74
トラックバック
よいどれ映画部とは
オススメ映画おしえてください
こめんと
もばいる
qrcode
かんり
けんさく