<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 244本目:学校の怪談 | main | 246本目:ロボジー >>
# 245本目:大統領の料理人
大統領の料理人 [DVD]
大統領の料理人 [DVD]
posted with amazlet at 14.09.01
ポニーキャニオン (2014-04-16)
売り上げランキング: 7,847

田舎でレストランを営む女性シェフオルタンスが連れて来られた先はなんとエリゼ宮。しかも大統領のプライベートキッチン!男性社会でよそ者扱いの中、本当の美味しい、おふくろの味の料理を提供するために日々同僚たちやコスト、カロリーとも奮闘する。
 おふくろの味なフランス料理、と言われても素材や料理名が調べないとわからないものばかり。でもとても美味しそう。完全な男社会の中、味方も少なく奮闘する様はやきもきもしますが、反面、和気あいあい南極でのシーンが交互に来るので少し救われたりもします。彼女の料理が食べられなくなる大統領のことを思うと少しせつない。
 大統領が望んだ、華美過ぎないフランス版おふくろの味。日本人からみるとそれでもこってりな気がしますがどれも美味しそうです。惜しむらくは、美味しそうに料理を食べるシーンがほぼ無い事。(料理モノは作ると食べるがセットなんだ!)でもだからこそ、大統領が夜にこっそり抜けだして厨房で食べた、トリュフトーストとワインのシーンが際立ってじんわりくるんですよね。トリュフ盛りすぎィ!
 厨房シーンはくるくると鮮やかでとっても美味しそうですが、シェフ目線の映画だからか、そこから料理が運ばれていって、帰ってくる皿(しかもけっこう残してる)しか見えないのは勿体ないしちょっと悲しい。大統領とシェフは相思相愛なのに、周囲の人間関係のせちがらさが・・・でもきっと対立するシェフらと打ち解けてハッピーに終わるんだろうという期待をよそに粛々とED。キャッチコピーの「その一皿が、フランスを変えた」ってなんだったのだ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:43 | category: 映画:2014年 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yoidore.marucos.com/trackback/248
トラックバック
よいどれ映画部とは
オススメ映画おしえてください
記事いちらん
こめんと
もばいる
qrcode
かんり
けんさく