<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 197本目:NECK | main | 199本目:宇宙人ポール >>
# 198本目:スカイライン
スカイライン −征服− Blu-ray
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D) (2011-11-11)
売り上げランキング: 15346
やたらと侵略されやすいロサンゼルスですが、今回も不穏な光の柱が立ちました。その光を見ているとどうやら吸い寄せられるように宇宙船に連れて行かれちゃうみたいなんですよね。吸引力の変わらないただひとつの宇宙船。なんつって。お母さん今日もロスはこんな感じです。


 すべてエンディングロールに持っていかれてしまって!?状態でした。最近ロスは侵略されまくってるけど、日本は…日本は一体その頃どうなっているんですか!!宇宙人のジャシンさがとってもかわいい。にょろにょろ。そこで外に出ようとするだなんてとんだフラグだよ!みんな仲良く部屋でおとなしくしてな?
 この映画公開時期にやたらとLA×宇宙人侵略のネタかぶりが多かったせいかLAといえば侵略されまくっている場所というイメージに。コンセプトは低予算SFですが、CGでオールカバーした映像はキュートな宇宙人たちの造形も相まって中々見所があります。予告編を今見ても触手シーンで吹き出してしまう、「あっけなさ」とユーモアのバランスも(意図してないとしても)絶妙です。あとEDが斬新。
 お前はそんなに海が安全だといつから錯覚していた・・・?といいたくなるほど男性陣がとりあえず海に行きたがる。そして外に出て襲われる。すごすごとマンションにもどる。侵略ものなのにシーンの大半がマンションの一室というスケールが大きいんだか小さいんだかわからないこの映画。なんか主人公が考えなしでいっこうに同情できないんですが、エンドロールでは頑張ったね!

| comments(0) | trackbacks(0) | 15:22 | category: 映画:2012年 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yoidore.marucos.com/trackback/202
トラックバック
よいどれ映画部とは
オススメ映画おしえてください
記事いちらん
こめんと
もばいる
qrcode
かんり
けんさく